車の足まわりの情報

車の足回りに関して大きく分けて硬め、柔らかめ、普通の3種類の表現があります。
硬めの足回りというのは、地面からの情報を素早く察知するために、非常に硬いサスペンションが使われており、地面の細かな凹凸やタイヤのグリップ性能まで細かな情報を運転者が知ることができます。
柔らか目の場合、乗り心地を重視したものが多く、道路の細かな凹凸などをサスペンションで吸収し、乗っている人に不快感を与えないようになっています。
硬すぎず柔らかすぎない普通のものは、基本的に道路の情報も知りつつ、乗り心地も安定させたい場合に利用されており、一般的な大衆向けに作られているものが多くあります。
また、特種な足回りの装置として高さを調整できるサスペンションがあります。
これは、重心の調整などを簡単にすることができ、スポーツタイプによく取り付けられています。
これにより、地面からの高さを低くしたり高くしたりでき、高速走行時の安定性を高めることもできます。
このように、足回りの機能には様々な装置や機構が取り入れられており、その一つ一つにしっかりとした機能的な理由があります。
自分の好みの乗り心地に合わせて、それらの装置や機構を取り換えるとより楽しくなります。