ベンチレーテッドディスク

自動車のブレーキはディスクブレーキが採用されているものが多く、一部FF車などのコンパクトカーや軽自動車などのブレーキでドラム式ブレーキが使われていますが、主ブレーキにベンチレーテッド式ディスクブレーキが採用されており、FF車の場合は駆動輪である前輪が主ブレーキでディスクが使われ、後輪はドラム式となります。

 
しかし、コンパクトカーであってもスポーツ性能に高い、いわゆる走りのよい車の場合、四輪ディスクブレーキとなっているものもあります。
ベンチレーテッド式ディスクブレーキとはローターといわれる、ブレーキディスクを2枚にして、2枚のディスク間に空気が通る穴を設け放熱性を高めたものです。

 
ディスクブレーキはブレーキキャりパーと言われる装置の中に消耗品として存在するブレーキパッドがあり、ブレーキを踏むことにより油圧でキャりパーに圧がかかり、2枚のパッドでローターを挟み車を制動させる仕組みで、パッドでローターを掴む時、摩擦により生じる熱でブレーキが利かなくなることやブレーキ損傷を避けるために放熱口が存在します。

 
ベンチレーテッドディスクブレーキはドラム式に比べてコストが掛かるためコンパクトカーには主ブレーキのみで使われることが多いです。

Comments are closed.