後輪駆動方式

車の駆動方式には様々なものがあります。FF、FR、MR、RR、4WDなど様々です。
その中でも後輪駆動方式とはどう言う駆動方式なのでしょうか。

 

 

後輪駆動とは文字通り、後輪を駆動させる方式でフロントエンジン・リアドライブ方式(FR)、
ミッドシップエンジン・リアドライブ方式(MR)、リアエンジン・リアドライブ方式(RR)の三つの駆動方式に分けられます。

 

 

まずはFR式ですがこの方式の特徴は前輪を操舵に後輪を駆動にと役割を分担することができるため、
ハンドリングがFFから比べて素直なことと、前輪の切れ角を大きく取れるため、小回りが利きやすくなります。
しかし、凍結路面などでは駆動輪である後輪にエンジンの重さが加わらないため、トラクションがかかり難く、
走行し辛いと言った面があります。

 

 

次にMR方式ですが、これはエンジンが車の中央近くに配置されることにより重量バランスが良く、
走行安定性に優れると言った面があります。しかし、車の中央部分にエンジンが位置するため、
車内が狭くなりがちになると言った欠点があります。

 

 

最後にRR方式ですが、これはエンジンが車の後部に配置されるため、駆動輪である後輪に加重がかかりやすく、
発進時のトラクションに優れると言った特徴があります。

Comments are closed.