マルチリンク式コイルスプリング

車の乗り心地や安定性、コーナリング性能などに大きく関わっているのはタイヤをボディとつなぐサスペンションです。サスペンションにはオーソドックスなストラッド式やスポーティなダブルウィッシュボーン式など様々な種類がありますが、その中のひとつにマルチリンク式コイルスプリングと呼ばれる形式があります。これは独立した数本のアームでサスペンション全体を支える構造となっていて、全てのアームを独立させ離れた場所に配置しているので、非常にきめ細やかなセッティングが可能となるという特徴があります。

 

 

具体的には、ジオメトリーの変化を厳密に管理できることから、タイヤの接地能力が非常に高まり、安定した直進性能やコーナリング性能が可能となり、乗り心地も良くなります。そのためにハイパワーエンジンを搭載するため不安定になりやすい前輪駆動車及び後輪駆動車に採用されることが多いようです。しかし、各アームの長さや角度がまちまちであるために、設計を誤るとかえって乗り心地が悪くなったり、期待するサスペンション能力を発揮できなくなったりすることがあります。マルチリンク式は構造的な複雑な分、ゴムブッシュの変形量なども含めて、正確な設計が求められます。

 

Comments are closed.