車種ごとにそれぞれ一番最適なサスペンション形式が採用されている

サスペンションというのは車のボディとタイヤの間に取り付けられていて、路面からの衝撃を緩和することによって、車の乗り心地や走行性能、車高などにも影響する重要な役割を持った部分です。

 

サスペンションの構造はサスペンションアームとスプリング、ショックアブソーバーによって構成されていて、車種や車の性能や使用方法などによってより適したサスペンション形式が採用されています。

 

固定車軸方式のサスペンションは左右のタイヤと1本の軸で連結されていて、トラックやFF車などの車種のリヤに採用されることが多く、構造が単純なために耐久性に優れていて、コストを低く抑えることができるというメリットがあります。

 

デメリットとしては両方のタイヤが1本の軸で連結されてしまっているので、片方のタイヤが受けた動きがもう片方のタイヤにも影響してしまう路面追従性があり、乗り心地が悪くなるということがあります。

 

独立懸架方式は左右のサスペンションがそれぞれ独立して動くシステムで、車軸式に比べるとタイヤの追従性が格段に向上していて1つのサスペンションに対して1つの機構がもうけられているので、その車種に適した調整が可能となり、現在では多くの自動車に採用されていて、サスペンションでは主流となっている方式です。

Comments are closed.